医療事務の資格は通信講座と通信教育の2つで取得できる

男女

資格取得の方法

カウンセリング

心理学の検定には、認定心理士や臨床心理士、心理学検定などがあります。認定心理士は、心理学の単位を取得し、学会に申請すれば取得できます。そのため、特別な資格試験を受験する必要はありません。次に臨床心理士ですが、簡単に言えばカウンセラーです。大学院を修了し、試験に合格することで資格取得が可能です。社会的信用度が高い上に、心理学の資格のなかで最も難しいとされています。いずれは、心理学関係で初めての国家資格になる可能性があると言われています。認定心理士も臨床心理士も独学で資格取得することはできません。学会が認定している大学に通う必要があります。
しかし、心理学検定の場合は、大学の心理学を専攻しなくても取得可能となっています。この資格を持っていれば、勉強したという証になります。

資格は在宅講座でも取得可能な場合があります。在宅だと好きな時間を見つけて勉強をできますから、専業主婦や子育てをしている人、学校に通ったりアルバイトをしたりしている人など、様々なニーズの方にぴったりの学習法です。
気になる費用ですが約4万円となっており、学校へ通うよりもリーズナブルなところも魅力的です。

心理カウンセラーになると、学校や教育機関、大学や保健所、医療機関や民間の相談室など非常に様々な場所で働くことができるのです。相談者の話しを聞いたりメンタルケアをしてあげたりしながら、心理の研究などもしています。人との関わりがメインとなるので、コミュニケーション能力もなければなりません。